教育ローンの違い

紙飛行機を持つ手

教育機会の有無で子どもたちの生涯年収が変わってくるという研究データがあります。
親としては、子どもたちに良い大学で学んでもらいたいという気持ちは共通です。
しかし、親世代の収入が減っている現在、大学の学費を捻出することが難しくなってきています。
学資保険など早くから備えてきた家庭でなければ、奨学金や教育ローンを賢く使うことで、子どもが学ぶ機会を失わないようにしましょう。
奨学金は、返済が不要なものとと返済が必要なものがあります。
返済不要の奨学金は、入学時から卒業時まで、高いレベルで一定以上の評価を取り続けることが必要です。
返済が必要な奨学金についても、やはり評価を一定以上に保つ必要があります。
また、卒業後の奨学金返済も社会問題になっています。

一定以上の評価を取り続けることが難しい場合や、学外活動などを優先したい場合は教育ローンを使い大学に通う方法があります。
多くは親世代が教育資金を負担する形になります。
大学に通う期間の授業料や入学費を金融機関に伝え、借入が可能かを確認しましょう。
3月末や振込期限に間に合うよう、余裕を持って申し込みを行ってください。
小口の資金であれば、店頭でなくともキャッシング可能な金融機関もあります。
大学へ振込した際の伝票などは後日提出する必要がありますので大切に保管してください。
留年や休学、留学などで卒業時期が延びる場合も早目に相談するようにしましょう。
最終学歴によって、就職できる会社が限られている業界もあります。
早めの準備と計画性を持って、子どもの明るい未来を後押ししましょう。